1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

05/26(日) 2回 東京 12日目

11R 日本ダービー(G1)

サラ系3歳 ○国際 牡・牝○指(馬齢)芝2400m 18頭 発走15:40

本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
ダノンエアズロック 前走は二千の大外枠でしたが、上手に走って、しまいも余力がありました。レース後、心身のまとまりという点では少しイライラしていましたが、中2週で使うにあたっては、上昇が見込める申し分のない形でいけると思います。<堀師>
ゴンバデカーブース 前走は長い休み明けでしたが、ホープフルSで1回仕上げていたので、7カ月ぶりという感じはしませんでした。前走は強風の影響もあったのか、比較的に前の馬に有利になりましたが、そのなかでも能力は見せてくれたと思います。<堀師>
レガレイラ 皐月賞は道中でスムーズに運べず、本来の力を出し切れないで終わってしまいました。乗り慣れたジョッキーに戻り、健康状態もキープ。あとはレースでこの馬の力を出せる状態に持っていきたい。<太田助手>
コスモキュランダ この馬はいつもマイペース。普段は(馬自体が)手抜きをしている感じ。無駄に力を入れて走らないので距離は持つと思います。エンジンのかかりが遅いので、東京コースはいいのでは。<加藤士師>
シックスペンス ダービーを確実にいいコンディションで出すために皐月賞をパス。大きな問題もなく中間も来ているし、態勢は整っている。一戦ごとに着差を広げているのは馬が良くなっている証し。東京も走りやすいと思う。<国枝師>
アーバンシック この中間からクロス鼻革を着用。その効果なのか、1週前の動きはすごく良かった。前走後は疲れが出たけど、回復に努めて今のところ前走と同じくらいの状態。来週はそれ以上になってほしい。<武井師>
ビザンチンドリーム ジョッキーが乗るのは初めてだったので、折り合いの確認を。動きはスムーズで良かったと思います。状態もいいですね。普段の走る感じでは左右も関係ないです。器用な馬ではないので、広い東京コースは合うと思います。<坂口師>
ミスタージーティー カイバも食べているので、しっかりやってもらいました。手前を変えなかったとジョッキーは話していたけど、普段乗っているときは変えています。前回はやりたいレースはできましたし、二千よりも2400mの方がいいと思います。<久保助手>
シンエンペラー 負荷をかけて、ほぼ最終追い。順調ですね。前回は調整が間に合わなかった感じがありましたけど、今回は全然違います。見た目の感じも中身も、追い切ったあとの息の入りも全然違います。距離に不安はないですし、楽しみですね。<吉田助手>
ジューンテイク ちょっと速くなったけど、動き自体はいい。バテている感じもない。もともと短いところを使っていたけど、前進気勢を出すのが目的だっただけで、距離の融通は利く。体調は本当に良さそう。<武英師>
シュガークン 間隔もあいていないし、変わらずいい感じ。最後はもう少し離してはほしかったけどね。違う競馬場、距離で結果を出している。デビュー当時は乗りにくかったけど、今は乗りやすくもなって前向きさも出てきた。相手はものすごく強いけど、楽しみです。<武豊>
ジャスティンミラノ しまいまでしっかりやってもらった。1週前としてはいい負荷をかけられたと思う。今回は立ち上げも早かったし、カイ食いも良くて調整もしやすかった。東京コースの方が合っている。パワーもあるから、雨が降っても大丈夫だと思う。<友道師>
サンライズジパング テンから促していってしまいもしっかりやりました。先週、先々週とじっくり乗って体を作ってきました。前回は攻め切れなかったところがりましたから。折り合いがつくし、距離は問題ないです。GIでは一発狙っています。<平井助手>
エコロヴァルツ ラスト11秒台で楽に動けているし、力むことなくリラックスして走れていた。折り合い重視の競馬をしてきたし、リラックスして走れれば、距離はこなせると思う。いいフットワークをしているので東京も合う。<牧浦師>
サンライズアース 1週前なのでゴールを過ぎてもしっかり追いました。もうす少し口が硬いかなと思っていたんですが、思ったより操縦性が利いていました。いい馬です。跳びが大きくて力強い。スタミナを生かしたレースをしたいですね。<池添>
メイショウタバル 1週前は全体時計が速かったですし、楽にできる場面が3回もあって、折り合いは我慢できていました。ただ、我慢ができたので、“行け! ”というところでズブさを見せますね。でもいい負荷をかけられたと思いますよ。<浜中>
ダノンデサイル (皐月賞除外後は)すぐに痛みは引いて、翌週の水曜から乗りだせています。体には緩みが全然ないので、あとは競馬を使わずの中5週でどれだけ気持ちを落ち着かせながら、競馬に向けて上げていけるかですね。<安田翔師>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
シックスペンス 美浦Wで5F63秒8ー35秒0ー11秒3(馬なり)。サトノエピックとの併せ馬。追走して内に潜り込むと、直線は重心をグッと下げて迫力満点の伸び脚。最後まで集中して走れており、楽々と好時計をマーク。馬体も無駄なく仕上がっており、万全の状態。 A
ジャスティンミラノ 栗東CWで6F81秒6-36秒0-11秒3(強め)をマーク。中のロードフォアエース(3歳1勝クラス)と併入、外のジュンツバメガエシ(4歳1勝クラス)には3馬身先着した。2頭を大きく追走すると、直線で並び掛けて鋭く伸びてきた。日曜にも速い時計を出しており、前走後も動きは活気十分。好調を堅持している。 B
シュガークン 武豊を背に栗東CWで6F81秒9-35秒4-11秒1(馬なり)をマーク。余力十分の手応えのまま、外のボルザコフスキー(5歳オープン)と併入した。青葉賞の1週前追い切りでは、一杯に追ってラスト1F11秒1だったが、この日は馬なりで同11秒1を計時。動きに切れがあり、前走の疲れは皆無だ。 B
シンエンペラー 坂井を背に栗東CWで6F79秒8-36秒7-11秒4(G前一杯)を記録。内のミスタージーティー(3歳オープン)に楽な手応えで並び掛けると、鞍上の指示にしっかり反応してパートナーをかわし、1馬身先着でフィニッシュした。ゴールを過ぎてからも気合をつけられる意欲的な内容。大一番に向けて順調にきている。 B
ダノンデサイル 栗東CWで主戦の横山典を背に併せ馬を消化。先行するパッシングシャワー(3歳1勝クラス)を直線半ばでとらえると、鞍上のゲキに応えるようにグングン加速して2馬身先着。6F79秒6-35秒1-11秒0(強め)の好タイムをマークした。体の使い方が前走よりも大きくなっており、この短期間でさらに進化。馬体に重めもなく、皐月賞で競走除外となった影響は全く感じられない。 B
アーバンシック 横山武を背に美浦Wで6F82秒6ー36秒4ー11秒1(直一)。前を走る僚馬を目標に進み、直線は外へ。脚力の違いであっさり並ぶと、最後は力強く伸びて先着フィニッシュ。馬体もはち切れんばかりの状態で良化は著しい。 B
レガレイラ ルメールを背に美浦Wで7F97秒4ー37秒5ー11秒4(馬なり)。長めから軽快に飛ばしたが、最後まで脚勢に乱れなし。リズムのいい走りで、真っ直ぐ伸びきった。馬体、走りともに柔らかく、激戦の疲れは見られない。 B
エコロヴァルツ 岩田康を背に栗東CWで6F84秒7-37秒6-11秒4(馬なり)をマーク。道中をリズム良く運び、直線は完歩の大きいフットワークで上々の伸び脚を発揮した。順調な仕上がりを見せている。 B
サンライズアース 池添を背に栗東CWで6F79秒5-37秒1-11秒6(一杯)を計時。道中は前を行くスマートヌーメン(3歳未勝利)を見る形で進み、直線で内から並び掛けると最後は1馬身先着でフィニッシュした。12着に終わった皐月賞では4角で外に逃げる幼さを見せたが、きょうの追い切りではスムーズに走ることができていた。直線の伸びも上々で順調に仕上がっている。 B
サンライズジパング 栗東CWで6F80秒9-36秒6-11秒3(G前一杯)をマーク。直線半ばを過ぎて気合をつけられると、鋭い伸び脚で外のサトノマジェスタ(6歳1勝クラス)を3馬身突き放した。しまいまでしっかり動けており、仕上がりは上々だ。 B
ジューンテイク 栗東坂路でジョリダム(4歳2勝クラス)と併せ馬を行い、4F55秒2-40秒1-12秒8(馬なり)で併入。テンからスムーズに折り合い、鞍上が手綱を持ったままでも最後までしっかりとした脚取りだった。好気配を保っている。 B
ビザンチンドリーム 新コンビとなる西村淳を背に栗東CWで6F82秒5-37秒8-11秒4(仕掛け)をマーク。外のデアデルマーレ(4歳1勝クラス)と併入した。直線で少し気の悪さを見せて並び掛けるのにひと手間掛かり、相変わらず子どもっぽい面が抜け切っていない印象。パートナーに馬体を合わせる際の脚は迫力十分でポテンシャルの高さ&状態の良さは見せているが、実績馬と比較するとどうしても幼さが気になってしまう。 B
ミスタージーティー 栗東CWで6F79秒0-36秒7-11秒6(G前一杯)を記録。序盤から速めのラップを刻んでいたこともあって外のシンエンペラー(3歳オープン)には1馬身遅れたが、全体時計は優秀で最後までしっかりとした脚取りだった。力を出せる態勢。 B
メイショウタバル 浜中を背に栗東CWで6F78秒3-35秒6-11秒4(一杯)をマーク。外のヤマニンアストロン(3歳1勝クラス)に半馬身遅れたが、これは追走した分で問題なし。相変わらずケイコで動けており、気配も引き続き良好。前走はオーバーペース気味で大敗したが、見直せる状態だ。 B
コスモキュランダ 小林勝(レースではMデムーロ)を背に美浦Wで5F65秒3ー36秒8ー11秒4(一杯。大跳びでパワフルなフットワーク。直線で前の馬に並ぶとビシッと気合を入れられ真っ直ぐ伸びきった。馬体も引き締まり、この1本でグッと良くなりそうな雰囲気。 B
サトノエピック 美浦Wで5F64秒3ー35秒3ー11秒3(強め)。シックスペンスとの併せ馬。直線は相手の脚勢が上回ったが、最後までしっかいと食らいついた。ピカピカの肌からも、体調の良さが伝わってくる。 B
ショウナンラプンタ 栗東坂路で4F59秒5-44秒1-14秒6(馬なり)をマーク。馬任せに終始したが、程良い気合乗りでまずまずの気配。 C