1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

04/12(日) 2回 阪神 6日目

11R 桜花賞(G1)

サラ系3歳 ○国際 牝○指(定量)芝1600m 18頭 発走15:40

本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
スマイルカナ レース後も問題はなかったし、この中間も変わりはない。前走は行く予定だったので、消化不良の競馬になってしまった。走っていない感じだし、ダメージもない。ただ今回は乗り方が難しい。前回行ってバテたなら、軽く見られるから面白かったけど、今度行ったら絡まれそうで…。<高橋祥師>
マジックキャッスル 中間も順調にきています。1週前追い切りも、ラストはいい伸び脚を見せてくれたし、特に問題はなかったね。来週は輸送もあるので、サラッとやれば大丈夫だと思う。このまま無事にレースを迎えてほしい。<国枝師>
サンクテュエール アルテミスSは2着に敗れたが、勝った馬も強かったからね。前走は初の関西遠征で牡馬相手のなか、いい競馬をしてくれた。この中間で体は増えているし、1週前追いの内容も良かった。いい感じだよ。<藤沢和師>
ナイントゥファイブ 1週前は併せ馬。来週はもうサラッとやればいいね。前走はしぶとい競馬をしてくれた。ひと息入れられたらいいが、素直で前に行ける。本命馬を見ながら脚を残せれば。使ってどんどん良くなっています。<西園師>
ヤマカツマーメイド 1週前は先着したし、動きは良かった。休み明けを1回使ってグイグイ進むし、メニューを順調に消化しています。前走はあっさりかわされたけど、併せる形ならちょっと違ったかもしれないね。<池添兼師>
フィオリキアリ 1週前はしっかりしたフットワークで、軽快でした。雰囲気はいいですね。前走で減っていた体は戻った感じ。千四だと忙しいので千六の方がいいです。今回は外回りで、直線がたっぷりありますからね。<藤井勘>
ウーマンズハート 前走よりも折り合いは良かったです。しっかりガス抜きできていると思います。リズム重視で乗って、並びかける時の反応が良かった。前走しまいが伸びなかったのは、マイナス10が影響していたのかな。<藤岡康>
デアリングタクト 前回の1週前と同じパターンです。前走より道中は力んで走っているけど、GIのマイル戦だし、これでちょうどいい。今のところ順調で、体もこの前より6キロプラス。あとは自分の競馬ができるかどうか。<杉山晴師>
ミヤマザクラ もともと動く馬ですからね。前走から少し間隔はあいているけど、仕上がっています。今回の舞台も全然問題ない。長くいい脚を使ってくれています。まだ若い馬なので、決めつけずに乗ろうと思います。<福永>
クラヴァシュドール 状態は維持できています。いい意味でテンションが高い。前走もそうだったけど、この馬にとってはそれがプラスのバロメーター。カイバもこの馬なりに食べているし、問題なくきているかな。<片山助手>
リアアメリア 以前は攻めに耐えうる筋力がなかったけど、今回帰厩して、体を支えられる力がついてきた。そのおかげで、やりたい調整を手加減なくやれています。調教で引っ掛かっていないことが成長の証しです。<片山助手>
インターミッション (1週前は)時計的にも予定通り。動きもいいですね。体もいい感じで帰ってきたし、もともと体高自体ない馬だから、細くも見えない。何も悪いところはないし、いい状態で臨めそう。頑張ってほしいね。<手塚師>
エーポス (1週前は)オーバーワークにならないようにやったけど、動きは良かったよ。前走の疲労もないし、体も戻ってきている。距離の千六も全く問題はないしね。うまく折り合いがつけられれば、楽しみ。<北出師>
ケープコッド (1週前は)初めて乗りましたが、すごく乗りやすくていい馬ですね。直線に向いてからのフットワークも良かったです。千六は少し長いかもしれませんが、うまく乗れたらチャンスはあると思います。<岩田望>
チェーンオブラブ 単走でしたが、1週前なのでしっかりと追ってもらいました。カイバも食べていますし、上昇していますね。前走は外に出せていればという競馬でしたね。チャレンジャーなので思い切った競馬ができれば。<小笠師>
ヒルノマリブ 1週前なのである程度、負荷をかけた。前走を勝ったあとは放牧に出したけど、いつもよりもテンションも高くなっていないし、間隔を空けたのはいい方に出ていると思う。自分のリズムで運べれば。<北出師>
マルターズディオサ 稽古は目立つタイプではないし、1週前はこれくらいで十分。体もちょうどいい感じだし、順調ですね。滞在後も変わりなく、精神状態も落ち着いている。どんな競馬もできる馬。上積みもありそうですよ。<手塚師>
レシステンシア (1週前は)ジョッキーも「いい」と言ってくれましたし、動きもしっかりとして体全体を使えていましたね。流れが遅ければ(ハナに)行ってもいいし、流れていればひかえていけばいいと思っています。<松下師>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
ミヤマザクラ 福永を背に栗東CWで6F82秒0-37秒3-11秒8(仕掛け)。1秒以上先行するマテンロウヴァモス(3歳未勝利)を直線半ばでとらえると、ラストはやや抑える余裕を見せて2馬身先着。レース間隔はあいているが、鞍上の指示に鋭く反応してみせた。少しムキになる面があった以前とは異なり、今は非常に落ち着きがある。精神的にも随分と余裕が増している。 A
マジックキャッスル 美浦南Wで5F63秒8-36秒8-12秒2(直一)。大きく先行した2頭を目標に進んで、直線は内から一気に抜き去る鋭い切れ。好時計をたたき出したように、動きは文句なし。 A
レシステンシア 武豊を背に栗東坂路で4F56秒0-40秒8-13秒0(馬なり)。バネの利いたフットワークで軽快に登坂。ゴール前も数字以上に目立つ伸びを見せた。出来は上向いている。 B
クラヴァシュドール 栗東CWで6F81秒8-36秒4-11秒7(強め)。ミッキーメテオ(3歳1勝クラス)を0秒4追走して併入した。活気あふれる動きで、最後も余力を残して鋭い伸び脚を披露。状態はさらに上向いている。 B
ウーマンズハート 藤岡康を背に栗東CWで6F81秒3-37秒6-12秒1(一杯)。ブラックムーン(8歳オープン)を1秒2追走して0秒1先着。追われるとシャープな反応で伸びてきた。休み明けを叩かれて、気配も上向いている。 B
ケープコッド 岩田望を背に栗東芝で5F66秒6-37秒1-12秒2(強め)。道中はしっかりと折り合いがつき、スピードに乗ると回転の速いフットワークで伸びてきた。栗東滞在後も元気いっぱいだ。 B
ヒルノマリブ 北村友を背に栗東CWで6F78秒7-37秒3-13秒0(馬なり)。最後まで余力十分に好時計をマーク。力強いフットワークで、ひと追いごとに気配は上昇している。3カ月ぶりだが、馬体も仕上がっている。 B
サンクテュエール 美浦南Wで6F82秒6-39秒3-12秒7(馬なり)。僚馬を6Fから1秒2追い掛けたが、直線は余力十分にしっかりと伸び切った。柔らかみのある馬体やフォームから、仕上がりは万全。 B
スマイルカナ 美浦南Wで5F64秒4-36秒4-12秒4(直強)。僚馬の外に馬体を合わせに行ったが、脚力の違いで並ぶ間もなく抜き去り3馬身の先着。しっかりとコントロールが利いて、気配は前走以上。 B
デアリングタクト 松山を背に栗東CWで6F81秒7-37秒6-13秒1(馬なり)。ベレヌス(3歳1勝クラス)を0秒6追走して0秒3遅れ、ミスニューヨーク(3歳1勝クラス)を1秒2追走して0秒2遅れた。遅れは追走した分で心配なく、馬なりのままで余力は十分にあった。気配は引き続き良好。 B
リアアメリア 川田を背に栗東CWで6F81秒4-37秒7-11秒4(一杯)。僚馬のカペラ(牝、3歳未勝利)を0秒5追走して0秒5先着を決めた。直線で追われると素早く反応し、相手を子ども扱い。フットワークが素軽く、ひと追いごとに動きは良化している。帰厩後は4本の時計を記録。昨年暮れの阪神JF6着(1番人気)以来でも十分に仕上がっている。 B
ナイントゥファイブ 栗東坂路で4F55秒1-39秒9-13秒3(馬なり)。スマートオーブ(3歳未勝利)と併入。持ったままの手応えで圧倒し、動きの良さは目立っていた。好調を堅持している。 B
フィオリキアリ 藤井勘を背に栗東坂路で4F52秒0-37秒8-13秒0(一杯)。ラストは少し要したが、全体時計は上々。動きも素軽く、気配は○。 B
チェーンオブラブ 鮫島駿を背に栗東CWで6F80秒9-37秒4-11秒6(強め)。キビキビとしたフットワークで、最後に軽く追われるとグーンと伸びた。動きに硬さは見られず、気配も引き続き良好。少しずつ状態は良化している。 B
ヤマカツマーメイド 池添を背に栗東CWで6F82秒0-38秒0-12秒2(馬なり)。追走して外に併せる負荷をかけた追い切りだったが、リリーモントルー(6歳2勝クラス)ときっちり併入。前走後も元気いっぱいで、状態の良さを誇示した。 B
インターミッション 藤懸を背に栗東CWで6F84秒9-38秒9-12秒0(馬なり)。僚馬サラドリーム(5歳3勝クラス)を先行させてゴールで並び掛ける内容。ゆったりとしたペースで正味半マイルからだったが、直線は伸びやかな走りを見せた。細手の馬体で美浦からの輸送が懸念されたが、見た目はスカッと見せる程度。極端に減った印象がないのは何よりだ。 B