1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

03/07(日) 2回 中山 4日目

11R 弥生賞ディープインパクト記念(G2)

サラ系3歳 ○国際○指(馬齢)芝2000m 10頭 発走15:45

本賞金:5400、2200、1400、810、540万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
シュネルマイスター 1週前はビッシリとやりたかった。走りづらい馬場だったけど、いい動きだったね。走り方が変わって首が低くなってきたし、少なくとも2000mまでは持つと思う。ここでやれれば楽しみが広がる。<手塚師>
タイムトゥヘヴン この中間は精神的にも順調に来ている。前走は行く馬がいなくて押し出される形に。理想は前に馬を置き、その後ろから行く競馬だった。今回は控える競馬で、どんな結果を出してくれるかが大事ですね。<斎藤助手>
ソーヴァリアント 中間は短期放牧を挟んでいい状態。1週前は無理せず時計がでていたし、気持ちの面もしっかり。前走は練習の成果が出て、スタートを決められたのが大きい。相手は強くなるが、どこまでやれるか楽しみ。<大竹師>
ホウオウサンデー この馬としては、1週前は十分の動き。初戦は厳しい展開の中をグッと抜けてきた。体幹の強さを見せてくれたし、こちらの想像以上。完成度はまだまだでも、ここまではいいステップを踏めていると思う。<奥村武師>
ワンデイモア ここまで順調。この中間で体は少し立派になったかもしれないけど、まだ緩い馬だからね。舞台は前回勝ったところと一緒だし、今回も格好をつけてくれるでしょう。この馬の競馬(差す形)も決まっている。<国枝師>
タイトルホルダー ひと息入れて落ち着きがでている。1週前追い切りでクロス鼻革をつけて確認したけど、折り合いは大丈夫そうだね。今まで(道中の)力みが課題だったが、それが抜ければ、もうひとつギアが上がると思う。<栗田師>
ダノンザキッド (1週前追い切りは)しっかりと動けていましたね。いい状態で挑めそうですよ。無敗のままいきたいですね。<安田隆師>
テンバガー (1週前追い切りは)テンションを上げないように控えめだったが、動きの良さは見て取れた。体調は申し分ないよ。<藤岡師>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
ダノンザキッド 川田を背に栗東CWで6F81秒0-38秒6-11秒9(一杯)。僚馬エスト(5歳3勝クラス)を0秒3追走して1秒3先着。折り合い十分に4角手前で並ぶと、直線であっという間に突き放した。追われてからの反応が俊敏で、気配もひと追いごとに良化。昨年暮れのホープフルSを制して以来の実戦でも太め感はなく、いきなり能力を発揮できそうだ。 A
シュネルマイスター 嶋田を背に美浦Wで5F69秒1-39秒6-12秒5(強め)。前を走る2頭を内からあっさりと抜き去る。食らい付く相手とは、手応え、脚勢が違った。馬体もふっくらと見せて、態勢に抜かりはない。 B
ソーヴァリアント 大野を背に美浦Wで6F84秒0-38秒8-12秒8(馬なり)。長めから追ったが、鋭い走りで僚馬を突き放す。さらには前を走っていた組も抜いてのゴール。活発な動きを見せており、状態は文句なし。 B
タイトルホルダー 横山武を背に美浦南Wで5F66秒0-38秒7-12秒7(強め)。大きく追走したにもかかわらず、直線は余力を持って先着を果たした。重心を低く構え、推進力のある走り。着実にパワーアップされた。 B
ホウオウサンデー 美浦坂路で4F52秒8-38秒2-12秒4(一杯)。攻め駆けするパートナーと併せて、これ以上ないほどビシビシと追われた。最後まで勢いのある伸び脚を見せて、先週よりも時計を短縮。追うごとにスピード感が増している。 C
テンバガー M・デムーロを背に栗東CWで5F66秒4-37秒2-12秒9(馬なり)。ディープラック(3歳未勝利)に半馬身ほどの遅れとなったが、鞍上は手綱を最後まで押さえたまま。全くの余力残しで、柔軟なフットワークで動けていた。順調にきている。 B
タイムトゥヘヴン 三浦を背に美浦南Wで5F67秒5-39秒3-12秒7(強め)。2馬身追走で内に潜ったが、ゴーサインにもしっかりと反応して力強い伸び脚。体全体を使えており、馬体の張りも目立つ。前走の出来をキープ。 B
ワンデイモア 美浦南Wで5F68秒1-38秒4-12秒6(強め)。なかなか前をつかまえられず、併せてからも相手の手応え、勢いが上回った。鋭さひと息で、この1本でどこまで調子を上げられるか。 B