1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

12/11(日) 6回 阪神 4日目

11R 阪神JF(G1)

サラ系2歳 ○国際 牝○指(馬齢)芝1600m 18頭 発走15:40

本賞金:6500、2600、1600、980、650万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
ウンブライル 入厩した時から手前の左右差が激しく、右手前が良くない。1週前は(右手前で)質の高い動きを導けたので、これでどう変化していくか。全兄がマイルCSを勝っている。距離はそんなに心配していない。<木村師>
サンティーテソーロ 抜群にスタートが速い馬だけど、その中でも鞍上のコントロール下で冷静に走れている。ここもスピードの違いで前に行けるだろうし、自分のリズムを刻んでいけそう。<栗田師>
リバーラ 少し太いかなと思っていた前走時より馬体は締まっています。ただ、距離は千四までなら(守備範囲)というタイプ。外回りコースもベストではないが、頑張ってほしい。<高柳瑞師>
キタウイング 乗りやすい馬で反応も良かった。フットワークもいいし、瞬発力がある。時計も出ているけど、まだ余裕のある走り。手前変えも大丈夫だったね。乗った感じではマイルでも問題なく走れそう。<和田竜>
リバティアイランド 前走は進路のないところに入って厳しい形に…。それでも、最後に外へ出せてからの伸びは目立つものでした。これまでの2戦で能力の高さは示しているので、これから体質面がしっかりしてくれば。<福永助手>
ムーンプローブ 中1週になりますが、前走が短期放牧明け。特に疲れも見られませんし、無理のないローテだと思っています。今回と同じ舞台で2連勝中。相手は強くなるけど、これまでの経験を生かして好勝負を。<上村師>
イティネラートル 1週前はジョッキーに感触をつかんでもらいましたが、いい動きをしていましたよ。小柄ながらも芯があって、気の強さも持ち合わせている馬。相手は一気に強くなりますが、好レースを期待しています。<長谷川師>
ブトンドール 内回りの千四がどうかと思っていましたが、ジョッキーが次を見据えてうまく乗ってくれました。あの内容なら外回りに変わるのはいいと思うし、ひと叩きしたことで前向きさも出てきましたからね。<池添学師>
アロマデローサ 前回はキックバックを嫌がっていたし、気持ちが途切れてしまったのかも。マイルの今回は、折り合いを考えて中間からメンコを着けています。1週前は我慢が利いていたので、これが実戦に生きれば。<池添学師>
ラヴェル 変わりなく来ています。アルテミスSの時と似た雰囲気で、ピリピリせず落ち着きがありますよ。バネや身体能力があるので、競馬でそれを出せるように。<福岡助手>
モリアーナ うまく折り合いがついていたし、1週前としてはいい調教ができたね。<モリアーナ>
ドゥーラ まだ息遣いが本当ではありませんが、来週もう1本追えばちょうど良くなるはず。走りのバランスは良くなりましたね。<斎藤>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
ドゥーラ 斎藤を背に栗東CWで6F81秒0-37秒0-11秒3(強め)。2頭を先行させて直線で併せる意欲的な内容。鞍上がゴーサインを送ると瞬時にエンジンが点火し、一瞬で突き放す豪快な走りを披露した。札幌戦当時と比べて体高が伸びてひと回り大きくなり、さらにパワーアップした印象。久々でも隙のない仕上がりだ。 A
キタウイング 和田竜を背に栗東坂路で4F52秒2-38秒0-12秒1(馬なり)。スズカノロッソ(7歳2勝クラス)と併せて半馬身先着。一杯に追う相手を見ながら余裕を持って先着と、動きは力強かった。いい仕上がりだ。 B
アロマデローサ 栗東CWで6F83秒3-37秒3-11秒0(G一杯)。実に軽快な内容で、とりわけゴール前の鋭い反応は目を引くものだった。前走のファンタジーSは1番人気で10着に終わったが、調子はかなりいいように思える。 B
ヴィエンヌ 栗東CWで6F82秒7-35秒6-11秒4(一杯)。併せたタロファイター(3歳1勝クラス)を1F手前からグングン引き離して1秒2先着。重心の低いフォームで目を引く伸び脚を発揮した。上積み十分の攻め内容。 B
ウンブライル 美浦南Wで7F99秒3-38秒7-11秒8(馬なり)。長めから時計になるところを乗られたが、手応え、脚勢に乱れなし。併せた相手が来れば来るだけ伸びる感じで、余裕を持ったままシャープに伸びてみせた。前走からさらに上昇。 B
サンティーテソーロ 横山和を背に美浦南Wで5F65秒7-36秒9-11秒6(馬なり)。前2頭を目標に進んで内に潜ったが、持ったままリズム良く、真っすぐ伸び切った。スピード感にあふれた走りで活気も申し分なし。順調に仕上がった。 B
リバーラ 石橋脩を背に美浦南Wで5F66秒1-36秒7-11秒5(馬なり)。抜群の行きっぷり。前をとらえる脚が速く、直線はいつでも抜け出せる手応え。最後まで併走馬に合わせたが、それでも好タイムをマーク。体の緩みもなく、状態はさらに上向いた。 B
アリスヴェリテ 栗東坂路で4F51秒6-37秒9-13秒3(馬なり)。ラストは要したが、全体時計は上々。馬体の張りが目立ち、出来は上々だ。 B
イティネラートル 岩田望を背に栗東坂路で4F53秒5-38秒4-12秒4(仕掛け)。キビキビと素軽さ十分の脚さばきで軽快に登坂した。好調を保っている。 B
ブトンドール 栗東CWで6F84秒0-37秒1-11秒3(馬なり)。テンをゆったり入ったため全体時計は遅いが、ラスト1Fは鋭く伸びてきた。スピード感にあふれる動きで、ファンタジーS2着後も好調をキープしている。 B
リバティアイランド 川田を背に栗東芝で5F64秒8-36秒3-11秒7(馬なり)。ジャカランダレーン(4歳3勝クラス)を1秒2追走して首差先着。リラックスした雰囲気で、直線前半での加速も非常にスムーズだった。順調にきている。 B
モリアーナ 武藤を背に美浦坂路で4F53秒9-39秒4-12秒1(馬なり)。僚馬を目標にグイグイと加速。力感あふれるフットワークから、最後まで手応え良くしっかりと脚を伸ばした。体も引き締まっており、次週はサラッとやるだけで十分。 B
ラヴェル 坂井を背に栗東CWでF80秒9-38秒0-12秒3(一杯)。前半で少し折り合いを欠き気味に14秒4のハイラップを計時。手いっぱいに追われた割に反応がひと息で、やや物足りない伸び脚だった。本追い切りに注目したい。 B
マラキナイア 栗東坂路で4F58秒6-42秒3-13秒4(馬なり)。馬任せに終始したが、程良い気合乗りを示して、まずまずの気配。ひと叩きされた効果はありそうだ。 C