1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

06/20(日) 3回 阪神 2日目

11R マーメイドS(G3)

サラ系3歳以上 ○国際 牝○特指(ハンデ)芝2000m 16頭 発走15:35

本賞金:3600、1400、900、540、360万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
アカイイト 中間も順調にきています。最近はゲートが安定してきましたし、しまいもしっかりと脚を使えていますからね。前走は枠順の差が出ましたが、今度は斤量が軽くなりますからね。逆転可能とみています。<柴田助手>
アンドラステ いつもの休み明けと変わらず、順調な仕上がりを見せています。牡馬相手の重賞でも差のない競馬をしているように力は上。二千に延びる点がどうかも、鞍上がこの馬の特徴をよくつかんでいますからね。<片山助手>
イルマタル 1週前は(酒井)学が乗って動きは良かったですね。1回使って状態は良くなっています。例年と違って開幕週の馬場になるのがどうかですが、ハンデも軽くなりそうですからね。一発狙っていきたいです。<渡辺師>
カセドラルベル 前走は直線で外に持ち出す時に手間取った分の差。普段の調教では自分から行く気を見せるのに、実戦に行くとスブい面があるんですよね。この条件は合うので、調教での前向きさを実戦でも出せれば。<伊藤助手>
クラヴェル デビュー以来、初めて在厩調整で続けてレースに使いますが、中間もよく食べていますし、体調面は引き続きいいですよ。今回はハンデの恩恵が見込めそう。うまくかみ合えばチャンスはあると思います。<安田翔師>
サンクテュエール 前走は直線で一度は前に出る場面もあったし、復調の兆しを感じるレースぶり。向正面の長い新潟でゆったり運べたのが良かったと思う。引き続き状態はいいので、ここは阪神内回りの対応が鍵になる。<津曲助手>
シャドウディーヴァ 骨瘤でヴィクトリアマイルを回避したが、歩様自体に問題はなく、全能力を出せる状態にある。前走も出遅れがなければ、という内容だったし、今は右回りも大丈夫。メンバー的にもチャンスはあるでしょう。<斎藤誠師>
パッシングスルー 前走後の回復が早く、ケイコではオープン馬らしい動きをしている。その前走は序盤の位置取りが悪くなってしまったが、ゴールを過ぎてからも余力はあった。立ち回りひとつで好走可能だと思っている。<黒岩師>
ミスニューヨーク 変わらず状態はいいですね。前走は初めて左回りのワンターンで、力を出し切れませんでした。それでも、上がり3Fはしっかりと自分の脚は使えましたから。阪神二千になるのはプラスだと思います。<杉山晴師>
ムジカ 前走は直線の不利が痛かった。一度手綱を引っ張りながらもまた詰め寄ったように、スムーズなら結果は違っていたと思う。時季的に雨は心配だが、ハンデは背負わされないだろうし、重賞でもの気持ち。<鈴木孝師>
レッドベルディエス 前走はメンバーも強く、外々を回らされるきつい競馬だった。ただ、使って体調は良化。ハミをジェーンビットに替えて口向きは改善されているし、今ならコーナー4つの2000mにも対応できると思う。<鹿戸師>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
イルマタル 酒井を背に栗東CWで6F83秒3-38秒5-11秒9(馬なり)。テンをゆったり入ったとはいえ、最後は余力十分でシャープに伸びた。2カ月半ぶりをひと叩きされて、気配も上昇ムード。 B
ミスニューヨーク 加藤を背に栗東CWで6F82秒1-37秒8-11秒5(強め)。トウシンモンブラン(3歳未勝利)を0秒5追走して0秒4先着。直線で馬体を併せて追いだすと、スッと前に出た。前走時よりも状態は上向いている。 B
ロータスランド 栗東CWでF81秒3-37秒2-11秒9(一杯)。エターナリー(4歳2勝クラス)を2秒5追走して0秒4先着。追われると素早い反応を見せた。気配も前走時よりさらに良化している。 B
カセドラルベル 栗東坂路で4F54秒0-38秒2-11秒9(一杯)。攻め駆けタイプとはいえ、ゴール前の反応は目立っていた。好気配。 C
アブレイズ 浜中を背に栗東坂路で4F49秒2-36秒4-12秒0(一杯)。テンから意欲的に運んで好時計をマーク。ラストも鋭く伸びた。好調をがっちりキープしている。 A
アカイイト 栗東坂路で4F54秒9-38秒8-12秒2(強め)。終始、テンポのいい走りで駆け上がり、状態の良さを誇示した。 B
アンドラステ 岩田望を背に栗東CWで6F80秒4-36秒4-11秒5(一杯)。スピード感あふれる走りで、直線は鋭い伸び脚を披露した。昨年暮れ以来のレースになるが、馬体も太め感なく仕上がっている。 B
クラヴェル 栗東坂路で4F54秒1-39秒3-12秒4(馬なり)。キビキビと活気十分の走りで登坂した。馬体の張りも上々だ。 B
ソフトフルート 岩田望を背に栗東CWで6F83秒0-37秒5-11秒6(馬なり)。キタサンシンドー(3歳未勝利)を0秒3追走して首差先着した。格下相手とはいえ、脚色優勢で素軽い動き。気配も引き続き良く、好調をキープしている。 B