1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

05/29(日) 2回 東京 12日目

11R 日本ダービー(G1)

サラ系3歳 ○国際 牡・牝○指(定量)芝2400m  発走15:40

本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
アスクビクターモア 状態は高いところで安定している。あとはエネルギーを満タンにさせていい精神状態で競馬に持って行きたいです。2400mは大丈夫です。今のところ脚元、体調はいいし、何の心配もないので楽しみです。<田村師>
アスクワイルドモア レコード勝ちしたあとなので、レース後は1週間ほど様子を見たけど、もともと京都新聞杯を勝てばダービーへ行くつもりだったからね。緩やかだけど、徐々に成長している。距離が延びるのもいいと思う。<藤原師>
イクイノックス パワーアップしています。皐月賞は休み明けだったし、枠は一番外で柔らかい馬場。レースも他馬の後ろにつけられなかったので、最後に疲れてしまった。ダービーが一番の目標で、ビッグチャンスです。<ルメール>
オニャンコポン 疲れをためないようにここまで調整してきて、計算的には状態はもう少し上げられると思います。2400mは折り合いが鍵となるけど、掛かるタイプではないですからね。ここまではうまくきていますよ。<小島師>
コマンドライン 歯がゆいところがあるので、1週前追い切りでブリンカーを着用した。反応は良くなったし、いい感じだね。前走の毎日杯はこの馬のリズムで走れなかった。東京は実績があるし、距離延長もいいと思うよ。<国枝師>
ジオグリフ 前走よりも良くなっています。毛ヅヤはいいし、馬が自信を持って歩いている。そんな雰囲気ですね。ノドに関しては今のところ、ダイレクトにレースでのパフォーマンスにつながるところまでは来てないです。<木村師>
ダノンベルーガ 前走、他馬が来たときにフワッとしたので、1週前追い切りは他馬に合わせず、リズム良く走らせるために単走で追いました。折り合いはスムーズでしたが、速いラップで負荷がかかった分、息は荒かったです。<堀師>
デシエルト 1週前追い切りは折り合いもついて、いい動きだった。やはりスタートが鍵だね。普通に出て流れに乗って、自分のリズムで走れば距離は持つと思っている。できれば逃げたいですね。<安田隆師>
マテンロウオリオン レース間隔も詰まっているので、1週前追い切りは状態を確認してもらう程度の内容で。上積みを持っていけば十分だからね。デビュー当時よりも胴が長くなって、距離も大丈夫だと思うから使います。<昆師>
マテンロウレオ 競馬で難しいところがあると感じるので、(1週前追い切りで)確認をさせてもらった。18人しか乗れない中、声が掛かったのはありがたい。<横山和>
ドウデュース 順調ですね。メンタルもフィジカルも上下しない馬みたいだし、落ち着いている。血統的に長い距離はどうかなと思っていたけど、前走が問題ないという内容。そこの不安はないですね。<武豊>
ピースオブエイト (1週前は)余裕のある動きで、良かったと思う。適性は短いところだと思いますが、能力は高いし、この時期なので。<藤岡佑>
キラーアビリティ 最後はびっしりと負荷をかけました。1週前にしては、動きは良かった。明らかに皐月賞の時のもっさりした感じが消えています。今回は馬具も工夫していますし、いい方向に向いてくれればと思います。<横山武>
プラダリア 攻め過ぎず、かといって、ある程度は動かしたかった。動きはすごくいい。手前の変え方も良かったし、馬自体の雰囲気も良くなってきてて、前走からワンランク状態は上がっていると思います。<池添学師>
ビーアストニッシド レースを使っているが疲れている感じもないし、フレッシュな状態ですよ。難しい馬だけど、それなりに感触はつかんできたし、やることは分かってきた。ダービーなので思い切って乗りたいですね。<和田竜>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
ダノンベルーガ 川田を背に美浦Wで6F77秒9-35秒1-11秒0(強め)。6Fからペースを上げ、直線も気合をつけて矢のような伸び脚。ダイナミックなフォームは迫力があり、やる気になればいくらでも動きそうな雰囲気。馬体もたくましくなって、前走からの良化は著しい。 A
デシエルト 岩田康を背に栗東CWで6F83秒4-36秒6-10秒8(一杯)。序盤から少し行きたがる面を見せたが、しっかりと我慢を利かせながら直線へ。ゴール前のアクションはパワフルで、馬体の張りも非常に良く見せている。 A
ドウデュース 武豊を背に栗東CWで6F79秒6-35秒5-11秒2(強め)の好タイムで僚馬2頭に先着。この馬らしいバネの利いたアクションで、ゴール前の反応も申し分なかった。目下絶好調と思えるレベルの動きだ。 A
イクイノックス ルメールを背に美浦Wで6F83秒0-38秒2-12秒0(馬なり)。前を見ながらも力みはなく、終始、リラックスした走り。直線で内に潜ると重心が沈んで、最後が押さえ切れないほどの手応えで併入。手綱を緩めればいつでも抜け出せる勢いがあり、馬体もパンパンに張った状態。前走からの上積みは絶大だ。 B
キラーアビリティ 横山武を背に栗東CWで6F83秒8-37秒8-11秒7(一杯)。前走時は調整を加減していた印象があったが、今回はゴール前で鞍上がムチを入れるハードな内容。昨秋の大きなフットワークを取り戻しつつあり、馬体の張りもアップ。外見も中身も違ってきている。 B
ジャスティンパレス M.デムーロを背に栗東CWで6F81秒9-36秒4-11秒2(一杯)。僚馬2頭を追走して外へ。残り1F地点では前と差があったが、きっちり併入に持ち込んだ。フットワークも力強く、出来は上向いている。 B
ジャスティンロック 栗東坂路で4F55秒9-40秒5-13秒3(馬なり)。ジャッカル(4歳2勝クラス)との併せ馬で併入。キビキビと素軽い脚さばきで軽快に駆け上がってきた。使われつつ状態は上向いている。 B
マテンロウレオ 横山和を背に栗東CWで6F82秒2-37秒4-11秒7(馬なり)。道中は単走の形で運び、ゴール前でヒルノアントラ(5歳1勝クラス)と馬体を合わせる形でフィニッシュ。ラストは上々の伸びを見せた。気配は上向いている。  B
アスクビクターモア 美浦Wで5F66秒0-36秒7-11秒3(馬なり)。いつも通り単走追い。前脚を強く叩きつける走法は力感十分。直線に向いてエンジンがかかると回転ピッチが上がり、一直線にはじけた。馬体の張り、ツヤも良く、前走の出来をガチッとキープ。 A
ジオグリフ 美浦Wで6F81秒9-37秒9-11秒5(馬なり)。2頭の間に入れてプレッシャーをかけたが、両サイドを手応え、勢いで圧倒。最後まで抜群の手応えのまま駆け抜けた。身のこなしが柔らかく、肌もピカピカ。体調は安定している。 A
オニャンコポン 菅原明を背に美浦Wで6F80秒5-38秒2-11秒6(仕掛)。大きく前を走る2頭を目標に進み、直線は内へ。追いだしをギリギリまで我慢させて、鞍上が促すと一気にトップスピード。1馬身の先着を果たした。切れのいい走りを見せており、体調面の不安はない。 B
コマンドライン 美浦Wで5F66秒3-37秒0-11秒1(G強)。サークルオブライフが誘導しての3頭併せ。直線で内に並ぶとゴール前は反応を確かめてスパッと切れた。先週にビシッと追った効果で走りがシャープになり、馬体も緩みのない仕上げ。順調に調整ができている。 B
ビーアストニッシド 和田竜を背に栗東坂路で4F50秒4-37秒2-12秒5(一杯)。テンから意欲的に運んで好時計。追われてからもしっかり伸びた。好気配が漂う。 B
ピースオブエイト 藤岡佑を背に栗東CWで86秒3-38秒3-11秒8(馬なり)。僚馬2頭を追走して内へ。滑らかに加速し、余裕十分に併入した。道中のゆったりとしたペースでも走りのリズムが良く、いい雰囲気で調整が進んでいる。 B
プラダリア 栗東坂路で4F51秒9-37秒7-12秒2(仕掛け)。テンポ良くラップを刻んで、軽快に登坂。ゴール前も上々の伸びを見せた。好調をキープしている。 B
マテンロウオリオン 横山典を背に栗東CWで4F61秒2-44秒7-13秒8(馬なり)と馬の気に任せたソフトな調整。前半からリラックスした走りを見せ、道中で1度も力む姿勢はなかった。順調にきている。 B
ロードレゼル レーンを背に栗東CWで6F82秒2-37秒7-11秒7(馬なり)。ビッシリ追われるチャリタブルソート(3歳未勝利)を横目に終始、楽な手応え。走りにも躍動感があり、ダメージなく大一番に挑めそうな雰囲気だ。 B