1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

08/25(日) 2回 札幌 4日目

11R キーンランドC(G3)

サラ系3歳以上 ○国際○指(別定)芝1200m 16頭 発走15:35

本賞金:4100、1600、1000、620、410万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
ライオンボス 思ったより前走の反動が少なく、馬は元気いっぱいです。1週前追い切りも気持ちが入っていて、しっかりと3頭併せでやることができました。洋芝はプラスでしょう。あとは千二の距離がどうかですね。<和田郎師>
カイザーメランジェ 前走は前をカットされて後手後手に。内の馬場が悪いところを通らされてしまったね。タフな馬で函館に戻っても順調。コーナーがある方が競馬はしやすいし、出たなりでうまく脚をためて運んでほしい。<粕谷助手>
ペイシャフェリシタ 前走はこの馬の力からするとだらしない内容。小頭数でヨーイドンの競馬があまり良くなったですね。1週前に好タイムが出たように、引き続きいい状態。昨年3着のレースだし、タフな流れになれば。<中垣助手>
デアレガーロ 函館スプリントSは直前で回避することになったが、今回は非常にいい状態で帰厩できたと思う。馬体が増えていて雰囲気もいい。G気任眦験がかみ合えば、という内容だったし、状態の良さを生かして。<大竹師>
ナックビーナス 入厩当初はなかなか気持ちが乗ってこなかったが、1週前は気合を乗せるような追い切りを見せてくれた。これで良くなると思う。いい状態に近づいてきているし、昨年に続いて好レースを期待する。<田面木助手>
シュウジ 1週前にビシっと追ってから馬がピリッとしてきたし、ゆったりとしたローテを組んで背腰の疲れも取れていますね。最近はダート中心のローテだけど、洋芝なら久々でも十分に対応できると思います。<山田助手>
リナーテ 1週前追い切りの動き自体はしっかりしていた。ちょっと体は減るかもしてないが、落ち着きがあって雰囲気は良さそう。重賞でテンのペースが速くなりそうなので、そのあたりをうまく対応できれば。<野本厩務員>
サフランハート 前走はフレグモーネ明けで、ケイコでも内にもたれるようなところがあった。この中間は順調に調教が積めているし、体調面の上積みは見込めそう。強いメンバーがそろうここで、どこまでやれるか。<對島助手>
アスターペガサス 前走は古馬相手にメドの立つレースだった。短期放牧明けになるが、じっくりと調整して馬体の張りは上々。開催が進んで差しが利きやすい馬場になっているだろうし、この馬の持ち味を発揮できれば。<木野助手>
ダイメイフジ 暑さにそれほど強いタイプではないけど、前走後も涼しい函館で調整しているので好調をキープできている。もともと使い込んだ方がいいタイプだし、状態の良さを生かして頑張ってほしいところだね。<森田師>
タワーオブロンドン レースに向けて順調。クリストフ(ルメール)がずっと千二がいいと言っていたからね。ジョッキーにとっても念願の舞台だろう。前走3着は仕掛け遅れたのが敗因。実戦を使って、状態はいいよ。<藤沢和師>
ダノンスマッシュ 函館で一度仕上げたところで放牧。いい意味でリフレッシュになっていると思うし、いい感じで戻ってきた。前走時より調整もやりやすい。中間の動きもいい。ここでいい結果を出して本番へ向かいたい。<岩本助手>
ハッピーアワー 1週前は馬なりであれだけの時計が出ているし、だいぶ仕上がりましたね。前走後に大きく変わってはいないが、締まりがあって、いい体。ペースが速くなって馬場が荒れればチャンス到来でしょう。<南井助手>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
ダノンスマッシュ 札幌芝で6F77秒7-35秒2-11秒5(馬なり)。前を進む2頭を馬なりでとらえると、1完歩ごとに差を広げて内に3馬身、中に1秒5もの大差をつけてフィニッシュ。函館SSを不運の除外となったが、その影響もなく馬は走りたくてウズウズしている印象。馬体に太めもなく、ほぼ青写真通りに仕上がっている。 A
ナックビーナス 函館Wで5F65秒6-37秒8-12秒2(一杯)。セイウンコウセイ(6歳OP)を大きく追走して首差先着。道中はスピード感十分に駆けると、ゴール前は鋭く伸びて先着を決めた。動きの良さは目立っていた。 B
デアレガーロ 函館Wで5F68秒6-38秒5-12秒6(仕掛け)。終始テンポのいい走りで駆け、状態の良さを感じさせた。気合乗りも目立つ。 B
タワーオブロンドン ルメールを背に札幌芝で5F66秒4-36秒2-11秒6(馬なり)。ゴーフォザサミット(4歳OP)と併入。終始落ち着いた走りで軽快なフットワークを披露。ゴール前も上々の伸びを見せた。 B
ライオンボス 美浦Pで5F68秒9-39秒0-12秒0(馬なり)。2頭を追走して内に潜ったが、持ったままの手応えで鋭く伸びた。馬体も張った状態で、好調をがっちりとキープしている。 B
アスターペガサス 函館Wで4F54秒9-39秒8-12秒8(強め)。キビキビと活気十分の走りで駆け、仕上がりの良さを感じさせた。力は出せそうだ。 B
カイザーメランジェ 函館Wで5F71秒3-42秒6-13秒6(馬なり)。ドヒョウギワ(4歳1勝クラス)に1馬身先着。時計は目立たなかったが、脚さばき柔らかく動き自体は素軽かった。出来は安定している。 B
セイウンコウセイ 函館Wで5F68秒2-38秒9-12秒2(馬なり)。ナックビーナス(6歳OP)に首差遅れたが、最後までしっかりと反応していた。仕上がりは上々。 B
ペイシャフェリシタ 函館Wで5F66秒6-37秒5-12秒6(強め)。やや内めを通ったとはいえ、余力残しで上々の動きを披露した。気配は良好だ。 B
リナーテ 函館Wで5F69秒2-39秒3-13秒1(仕掛け)。キビキビと活気にあふれた脚さばき。馬体の張りも目立ち、出来は高いレベルで安定している。 B
ハッピーアワー 札幌芝で6F80秒0-36秒2-11秒4(仕掛け)。ウォーターリベルテ(3歳未勝利)との併せ馬で4馬身先着。長めからスムーズに折り合い、ラストは上々の切れを発揮した。気配は上々。 C
パラダイスガーデン 函館Wで5F73秒1-42秒8-14秒1(馬なり)。馬任せに終始したが、気分良く駆け出来の良さをアピールした。 C
ダイメイフジ 函館Wで5F69秒7-39秒8-12秒9(馬なり)。気負うことなくスイスイと駆け、状態の良さを感じさせた。 C