1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

08/01(日) 1回 函館 10日目

11R クイーンステークス(G3)

サラ系3歳以上 ○国際 牝○特指(別定)芝1800m  発走15:35

本賞金:3600、1400、900、540、360万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
ウインマイティー 牧場で乗り込み、息遣いや体つきは休み明けを感じさせない。最近は気難しい面を見せているが、長く休ませたことで気持ちがリセットされていれば。力のいる馬場の方がいいし、洋芝は気にならない。<五十嵐助手>
クラヴァシュドール 18日に函館入り。いつもほど輸送でうるさい面は見せませんでした。前走の米子Sではジョッキーがうまくコンタクトを取って、馬に走る気を起こさせてくれましたね。前回の競馬がいい方に出れば。<福永助手>
シゲルピンクダイヤ 1週前追い切りに乗った感触はすごく良かった。前走はうまく脚をためていい競馬だった。最近はゲート入りを嫌がらず、レース前に消耗することがないし、気持ち良く走れば勝ち負けできる馬だと思う。<渡辺師>
シャムロックヒル 前走時と変わらず、この中間も元気。前走は斤量が50キロだったけど、今回は増えるからね。切れないから早めに動かす競馬になると思う。昨年、札幌で連勝したように洋芝は合うし、そこに期待したい。<佐々木師>
テルツェット 前走は出遅れてしまったし、いつもより気が入っていた。その影響で動けなかったのかもしれません。折り合い面は問題ない馬なので、千八の距離も大丈夫だと思います。あとは洋芝の適性だけですね。<和田郎師>
ドナアトラエンテ 前々走は馬場がひどかった。ドロドロの馬場で勝つ競馬をしたし、最後は甘くなったけど仕方ないよ。馬体は輸送で減るかもしれないが、滞在するから大丈夫でしょう。川田君も馬を分かっているからね。<国枝師>
フェアリーポルカ (21日に函館入り)輸送後も特に変わりはなく、順調に乗りだしています。前走の走り自体も悪くなかったし、使った後もイライラするところがないのは助かりますね。あとはもう少し体が絞れてくれば。<菊本助手>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
マジックキャッスル 美浦坂路で4F51秒3-36秒8-12秒0(仕掛け)。テンから抜群のスピード感。ゴーサインに鋭く反応すると、一直線に駆け上がって好時計をマークした。バネが素晴らしく、やる気になればまだまだ時計は詰められた印象。気合乗りも良く、万全の態勢だ。 A
ドナアトラエンテ 美浦南Wで5F65秒3-37秒6-12秒3(馬なり)。僚馬の内にスッと潜って直線へ。バネの利いたフットワークは躍動感にあふれ、最後まで勢い十分に伸びきった。馬体、毛ヅヤも良く、調整に狂いはない。 B
クラヴァシュドール 函館Wで5F69秒7-40秒0-12秒1(G強め)。素軽い脚さばきでキビキビと駆け、ゴール前で追われるとグンとひと伸びを見せた。好気配が漂う。 C
シゲルピンクダイヤ 栗東CWで6F84秒9-39秒0-11秒6(一杯)。テンをゆったり入ったとはいえ、ラストは鋭い反応で伸びてきた。2カ月半ぶりだが、帰厩後は4本の追い切りを消化。馬体に太め感はなく、きっちり態勢は整いそうだ。 B
シャムロックヒル 栗東CWで6F79秒9-37秒6-12秒6(一杯)。2週連続で6Fから意欲的に追われて、活気あふれる動きでを披露。気配も引き続き良く、マーメイドSで重賞初制覇を飾った勢いそのままに好調をキープしている。 B
ウインマイティー 函館Wで4F57秒0-40秒5-12秒4(直強)。しまい重点の内容とはいえ、キビキビと活気のある動きだった。久々でも雰囲気はいい。 C
サトノセシル 札幌ダートで軽く流して5F72秒4-41秒2-13秒7(馬なり)。久々を激走した反動もなく、柔らかい身のこなしでさっそうと駆け抜けて好調ぶりをアピールした。格下の身だが、今の充実ぶりなら好勝負に持ち込めそうだ。 C
テルツェット 函館Wで5F67秒4-38秒4-12秒7(馬なり)。ストリクトコード(4歳2勝クラス)との併せ馬で併入。終始、落ち着いた走りで軽快に駆けた。ラストの伸び脚も上々で、気配の良さが目を引く。 C