1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. メーンレース情報

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

今週のメーンレース

「競馬新聞 デイリー馬三郎」なら最終追い切り後のコメントが全レースでご覧頂けます。

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

09/24(日) 4回 阪神 7日目

11R 神戸新聞杯(G2)

サラ系3歳 ○国際 牡・牝○指(馬齢)芝2400m 13頭 発走15:35

本賞金:5400、2200、1400、810、540万円

先取り厩舎リポート

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント
サスツルギ 前走時は逍遥馬道でテンションが上がって歩けなかったけど、栗東滞在2度目の今回は理解していて、プラスに働いている。上に逃げる走りをするから距離延長は歓迎。初の右回りがポイントになる。<阿部助手>
サトノグランツ もっとしっかりやる予定だったけど、4角でバランスを崩して最後はサラッと。それでも時計は良かった。ジョッキーも問題ないと言っていたし、春より成長を感じると言ってくれた。トモの緩さも徐々に解消されてきている。<友道師>
シーズンリッチ 牧場から帰ってくるたびに良くなっている。(角田)大河君も倏呂しっかりした瓩函15日に栗東へ移動。菊花賞を見据えて栗東滞在で臨むつもりです。力をつけているので楽しみ。<久保田師>
ショウナンバシット 疲れが多少あったけど、攻めていかないといけないからね。ここまで順調に乗り込んでいるし、全体像で言えば悪くない。ダービーは2度目の輸送がこたえた感じで、それまでのローテもきつかった。距離は中距離の方がいい。<須貝師>
スマートファントム ずっと成績が崩れずに来ているし、馬体面も随分と中身がしっかりとしてきた。現状で強い相手にどれだけやれるのかを見てみたいね。<石橋師>
ナイトインロンドン 夏の疲れもなく、順調に来ていますよ。距離は延びるほどいいし、跳びの大きな馬なので、阪神の外回りは合うはず。上がりの勝負になった時の対応が鍵ですが、しぶとさを生かしてどこまでやれるか。<大竹師>
ハーツコンチェルト 帰ってきた時の1本目からできていたので楽に調整していく感じ。元々の完成度が高く、爐海海変わった瓩箸いΔ里呂覆い韻鼻△修譴いい。今の時点でもすごくいい馬。カイバも食べるし、順調。<武井師>
バールデュヴァン 元気いっぱい。ダートで勝ち上がってきた馬だけど、この夏は北海道で距離と洋芝がマッチしたのか、いい競馬ができています。パワーを生かして、このメンバーでどれだけの競馬ができるか試金石の一戦。<浜田師>
ファントムシーフ これまではゲート練習をしつこくやれないテンションだったけど、今は大人になってイレ込まない。その分、中間はゲート練習を2回できたし、質も上がった。いいスタートを切れたらトップクラスと遜色ないと思っています。<梛木助手>
マイネルラウレア いいものは持っているからね。暑さが続くけど、ここまで順調に来ているし、距離も問題ないです。追い込みの脚質なので、あとは流れ次第かな。ペースが向けば。<宮師>

1週前追い切りチェック!

*毎週月曜日に更新

馬名 コメント 上昇度 評価
サヴォーナ 栗東坂路でコレペティトール(3歳3勝クラス)と併せ馬。4F52秒1-38秒2-12秒7(馬なり)で併入した。キビキビと素軽さ十分の脚さばき。馬体に締まりもあって好気配が漂う。 B
ハーツコンチェルト 松山を背に栗東CWで6F82秒6-36秒9-11秒2(一杯)をマーク。手応え十分に直線に向くと2頭の間からグイッと抜け出し、内のゴールドプリンセス(3歳2勝クラス)に1馬身半、外のウインメラナイト(2歳未勝利)に半馬身先着した。栗東に移動してから2本目の追い切りだったが、フットワークに伸びがあって状態の良さが伝わる動き。順調に仕上がっている。 B
ファントムシーフ 栗東CWで6F80秒4-36秒3-11秒2(一杯)をマークした。前半から15秒を切るハイラップを刻みつつ、先週に続き爆発的な末脚で併走馬を圧倒。放牧で緩んだ気持ちをピリッとさせるには十分過ぎるほどの内容で、このひと追いでさらに上向いてくることは明らかだ。春に感じたトモの甘さも随分と解消し、復帰戦に向けて順調に仕上がっている。 B
マイネルラウレア 栗東CWで6F77秒9-36秒3-11秒7(一杯)をマーク。外のアナザーエース(3歳1勝クラス)に1馬身先着した。迫力十分のフットワークで好時計。春より動きの質が良くなっている印象だ。 B
サトノグランツ 川田を背に栗東CWで6F83秒3-38秒3-12秒1(馬なり)をマーク。テンはゆったりと入り、直線でも余力を残して悠々とした走り。僚馬ジュンブロッサム(4歳2勝クラス)に1馬身半遅れた点は問題ない。8月下旬から時計を出し始め、豊富な乗り込みを消化。ダービー11着以来だが来週のひと追いで仕上がるだろう。 B
シーズンリッチ 角田河を背に美浦Wで6F84秒0-38秒3-11秒6(直一)。前2頭を目標に進み、直線は追って矢のような伸び脚。弾むようなフットワークを見せており、体の緩みも一切なし。きっちりと仕上がった。 B
ショウナンバシット M.デムーロを背に栗東CWで6F83秒8-38秒3-12秒3(馬なり)をマークした。ドライゼ(4歳3勝クラス)が残り1Fまで先行する形。そこから一気にギアを上げ、一瞬のうちに2馬身ほど引き離して先着した。鞍上が合図を送らずとも、ゴール板の位置を知っているかのように自ら脚を伸ばした点は評価できる。夏を越して精神面が大きく成長した印象を受けた。 B
スマートファントム 栗東CWで6F83秒8-37秒3-11秒4(仕掛け)を記録。テンをゆったりと入ったため全体時計は平凡だが、ラストの伸び脚は鋭かった。十分に乗り込まれており、馬体に太め感もない。 B
ナイトインロンドン 美浦Wで6F81秒3-36秒6-12秒0(強め)。先に抜け出したところを最後は追いつかれたが、大差追走にこの数字なら仕方なし。はつらつとした動きを見せており、引き続き好調だ。 B