1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

ふるさと定期便

明暗が分かれたディープ産駒の評判馬2頭

 POGの超人気馬2頭がデビュー戦で明暗を分けた。

 期待通りの強さを見せたのはサトノアラジン(牡、父ディープインパクト、母マジックストーム、栗東・池江)。11年の当歳セレクトセールで2番目に高い1億3000万円で落札されたディープインパクト産駒の大型馬。その馬格からデビューは秋以降かと思われていたが、順調に仕上がって10日の新潟芝1600mで初陣を迎えた。番枠だったこともあり道中は中団を進んだが、直線で大外に持ち出すと馬なりのまま楽に抜け出して2着に3馬身半差の快勝。素質馬が集まったなかで、ステッキを全くに使わずに圧倒的な能力の違いを見せつけた。

 セレクトセールの高額馬、ディープインバクト産駒の大型馬をめぐる、さまざまなジンクスがあり、まだ2歳夏の1戦だけで評価を決めるのは早過ぎるかもしれない。それでもこれだけのレースを見せられてしまっては、POGで指名したファンは「ダービー候補」と信じて疑わないことだろう。

 一方、ややがっかりなデビュー戦となったのが、社台ファームの牡馬一番馬とも言われていたキミノナハセンター(牡、父ディープインパクト、母グレイトサンライズ、美浦・藤沢和)。こちらは昨年の1歳セレクトセールで2番目となる1億5000万円で落札された。牧場時代から仕上がりの早さが目立ち、ほぼ予定通りに11日の函館の芝1800mでデビュー。後方から追い込んだものの3着と人気を裏切った。

 以前より2歳馬を早くデビューさせるようになった藤沢和厩舎は、サトノフェラーリ、バウンスシャッセが新馬勝ちしたものの、アピシウス(15着)、デルカイザー(3着)、レッドウォーリア(9着)、ロサギガンティア(4着)と評判馬で苦杯をなめるケースも見られる。命名でも話題の多いキミノナハセンターだが、素質の高さは社台F育成スタッフが「クラシックに乗るのは間違いない」と太鼓判を押しており、本来の藤沢流調教で今後はじっくりと地力をつけていくと考えたい。

2013年08月16日