1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

ふるさと定期便

日欧のベスト配合リーチザハイツはPOGで要注目!

 最大18頭しか出走しないレースでも1着馬を的中させるのは難しいのに、約7000頭もいる2歳馬の中から最も活躍する馬をデビュー前に見つけ出すことなど至難の業だ。

 数学でもそうだが、難しい問題ほど、シンプルに考えた方が答えは見つかりやすいもの。社台グループの生産理念が「シンプルイズベスト」で、血統理論など考えずに「良い繁殖牝馬に良い種牡馬を交配する」方針を続けて成功しているのだから、POG指名馬選びもシンプルに考えた方が良い。

 両親に著名馬を持つ馬は当然、POGで人気過剰になるものだが、超一流種牡馬同士の配合は意外に人気の盲点になることがある。日本の最高種牡馬がディープインパクトなら、欧州でいま最も注目を集めているのはドバウィだろう。

 今年のドバイワールドカップデーは、ワールドカップをプリンスビショップ(せん8歳、UAE)、UAEダービーをムブタヒージ(牡3歳、南アフリカ)が制し、今年の種付け料は12万5千ポンド(約2300万円)まで高騰している。

 その日欧のウイン・ウインである父ディープインパクト×母父ドバウィの配合が2歳馬に1頭だけいる。リーチザハイツ(牝、母ドバウィハイツ=栗東・松田博、社台ファーム生産)だ。母は米国でイエローリボンS、ゲイムリーSのG毅仮,魑鵑欧討い襦

 社台レースホースで4000万円で募集。初子のためやや小柄で、現在の馬体重は434キロだが、「とにかくスピードがある。素軽さと力強さを併せ持った素晴らしい馬」(斉藤孝調教主任)と高い評価を得ている。

 4月末に山元トレセンに移動しており、早ければ夏デビューも可能。ディープインパクトとドバウィの夢の融合がどのような結果を出すのか、大いに楽しみだ。

2015年05月15日