1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

ふるさと定期便

JRAブリーズアップセールの注目落札馬を紹介

 JRA育成馬をトレーニングセールで売却するJRAブリーズアップセールが、4月28日に中山競馬場で行われた。

 上場されたのは67頭で全てが売却。売却総額、平均価格はいずれも昨年より減少したが、ラスト2Fで24秒を切った馬が13頭おり、仕上がりレベルは総じて高いものだった。

 一番時計を出したのは母キウィダンス(牡、父アドマイヤムーン)で、22秒7(11秒4−11秒3)。馬体重は478キロで、まだやや太めに見えたものの、父譲りのスピードを披露した。母は地方競馬で12勝。統一グレード競走を11走して名古屋優駿4着など活躍した牝馬だった。落札価格は1400万円で、落札者は「ヒシ」の阿部雅英さん。父・安倍雅一郎さんが所有していたG毅馨’魯劵轡潺薀ルもトレーニングセール出身馬だった。

 ラスト1F最速タイムは11秒1をマークした母バラベルサイユ(牡、父パイロ)。まだ幼さが残る444キロの馬体だが、小気味よいピッチ走法で、抜群の切れ味を見せた。落札価格は1350万円だった。

 最高価格馬は母マルカジュリエット(牝、父スウェプトオーヴァーボード)の3000万円。母は皐月賞馬ジェニュインの全妹という良血で、11秒9−11秒5のタイム、460キロの均整の取れた馬体、仕上がりの早さと三拍子そろっていた。

 落札者の三田昌宏さんは昨年のこのセールで牝馬最高価格だったデイドリーム(小倉2歳S9着)を購買しており、同じ高橋忠厩舎から早めのデビューを目指している。

 馬体の良さが目立ったのは2050万円で落札された母ウルトラペガサス(牡、父ハーツクライ)。タイムは15秒3−13秒1とまだ軽めだったが、500キロの馬体で雄大な動きを披露。母は未勝利だったが、フサイチペガサス産駒の外国産馬。半兄ツクバレガーロは7月の新馬戦2着と仕上がりが早い血統で、今後の大きな変わり身が期待できそうだ。

2015年05月01日