1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

ふるさと定期便

2歳女王決定戦は牧場時代からのライバル対決に注目

 実際の馬主にとって最大目標はダービーをはじめとしたクラシック制覇にあるのだろうが、POGファンにとっては阪神JFと朝日杯FSがまず大きな目標になる。POG期間は短いだけに、2歳時に結果がほしい。特に阪神JFはクラシックとの結びつきが強いだけに「阪神JFを制するものがPOGを制す」と言っても過言ではない。

 それだけに今年のPOGで断然の1番人気となったレーヴデトワールが勝てば、ファンの見る目の確かさが示される。レーヴデトワールとハープスターはともにノーザンファームの日下厩舎で育成された。日下厩舎長は先週に新馬勝ちしたビワハイジ産駒のサングレアルを含めて「育成時の3頭の素質はほぼ互角」と話していた。牧場の厩舎でも、トレセンの厩舎でも、3頭はライバルとなった。

 いずれもPOGで高い人気を集めたが、なかでもレーヴデトワールに人気が集中したのは兄姉の早い時期からの活躍が最大要因。クラシックを制覇した兄姉はいなくても、レーヴディソールの阪神JF制覇、レーヴダムールの同2着をはじめ、ナイアガラ、アプレザンレーヴ、レーヴドリアンといずれも早い時期から勝ち星を伸ばし、重賞でも賞金を獲得した。POG期間内の賞金獲得という面で母レーヴドスカーは、世紀の名繁殖牝馬エアグルーヴ、ビワハイジ以上に信頼性が高い。

 レーヴダムール、レーヴディソールは故障に泣いたが、丈夫さが特徴のゼンノロブロイを父に持つレーヴデトワールは、今のところ全く不安がない。だからこそ中1週でのG議戦が可能になった。ライバル・ハープスターは確かに強敵だが、素質が互角なら使われている強みを見せてくれるかもしれない。レーヴデトワールがPOGファンの夢を乗せて疾走する。

2013年12月06日