1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

ふるさと定期便

社台F&ノーザンFそれぞれのPOGでのポイントとは

 毎年、ずば抜けた成績でJRAリーディングブリーダー争いを演じているノーザンファームと社台ファーム。昨年も最終週まで結果が分からない大接戦だったが、ノーザンFが約1億6千万円差で逃げ切った。

 POGではこの賞金差以上に、派手さのあるノーザンF生産馬が圧倒的な人気を集めている。昨年もジェンティルドンナ、エピファネイア、デニムアンドルビーなどが華やかな活躍を残し、セレクトセールの高額価格取引も上位を占めている。

 だが、実際の成績はPOGでの人気ほど大きな差はない。ノーザンF生産馬の昨年のG犠,舛錬馨,如■穏仆転泙鮠,辰燭里楼娚阿砲皀蓮璽廛好拭次平軍磽穏丕咫烹影だけ。ハープスターは阪神JFでの2着もあるが、ほかに重賞で2着になったのはパシフィックギャル(アルテミスS)のみだった。

 一方、社台F生産馬のG犠,舛錬犠 2歳戦でもレッドリヴェールが阪神JFと札幌2歳S、マーブルカテドラルがアルテミスSを制して重賞を3勝。重賞での2着はないが、3着は4回ある。2歳戦の成績では上回っている。

 ノーザンFには自家生産だったディープインパクト産駒が多いのが大きな特徴で、昨年の重賞19勝中8勝が同馬の産駒だったが、社台Fは重賞22勝中、同産駒は3勝だけ。POGでディープインパクト産駒にこだわるのならノーザンFがいいが、それ以外なら社台Fの方が成功する確率が高いとも言えそうだ。

 今週は3歳の重賞はないが、社台Fのディープインパクト産駒以外では、梅花賞にアグネスミニッツ、シャンパーニュが登録している。いずれも渋いタイプではあるが、確実に賞金を稼ぎそうだ。

2014年01月31日