1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

ふるさと定期便

予想以上に仕上がりが早い新種牡馬ハービンジャー産駒

 今年産駒がデビューする新種牡馬には大物が少ない。国内組で芝のG気鮠,辰討い襪里魯ンシャサノキセキ、ゴスホークケン、ローレルゲレイロの3頭だけ。ダート種牡馬にはG毅江,離凜 璽潺螢▲鵝■猫毅珪,離ネヒキリの両巨頭がいるが、やはりダート馬はPOGでは狙いにくい

 そういった状況でもあり、輸入種牡馬のハービンジャーが突出した存在になっている。キングジョージ裟ぁクイーンエリザベスSで2着につけた11馬身差はレース史上最大着差で、しかもコースレコードを更新。骨折のためこのレースを最後に引退したが、無事なら不動の欧州王者に君臨していた器だった。

 文句なしの大物だが、デビューが3歳4月で、本格化したのが4歳になってから。重賞5勝がいずれも2400m以上だったことからも、POGでは不安視する声も多かった。だが2歳馬の調教が進むにつれて、不安の声は全く聞こえなくなった。丈夫で素直な気性のため産駒は総じて仕上がりが早く、しかも奥深さも兼ね備えている。牧場スタッフも「本格化するのは3歳になってからだろうが、2歳戦でも十分に稼げる」と口をそろえている。

 何よりも肌馬のレベルが高い。社台Fはダイワスカーレット(牝)、ダンスインザムード(牝)、ノーザンFはシーザリオ(牡)、マイケイティーズ(牡)、ロゼカラー(牝)、追分Fはレジネッタ(牡)、白老Fはキストゥヘヴン(牝)など、社台グループにはそれぞれ牧場自慢の繁殖牝馬と交配した2歳馬がそろっている。

 なかでも母ダイワスカーレットと母シーザリオは早くもクラシック候補と言われているほど。ディープインパクト産駒に人気が集中するようなら、上位をハービンジャー狙いで攻めてみるのも面白そうだ。

2014年04月11日