1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

ふるさと定期便

イスラボニータの弟は早期デビュー可能で大物感も十分

 POGで最もありきたりな狙い方は、現3歳世代で活躍した馬のすぐ下の弟、妹を指名することだ。爐△らさま瓩燃聞イ藁匹ないかもしれないが、成功する確率はかなり高い。繁殖牝馬には体調のピークがあって、2〜3年続けて活躍馬を輩出し続ける傾向があるからだ。

 ナスノカオリ・ナスノチグサ、タケフブキ・タケホープ、ビワハヤヒデ・ナリタブライアン、ダンスパートナー・ダンスインザダーク、アグネスフライト・アグネスタキオンなど、1歳違いのきょうだいがクラシックを制覇した例は多い。

 桜花賞馬ハープスターの下は2歳馬がいない(1歳は父ステイゴールドの牝馬)が、皐月賞馬イスラボニータの異父弟ステイリッチ(牡2歳、美浦・加藤征)は間違いなくオススメだ。

 イスラボニータが皐月賞を勝つ前の3月末の時点から、育成していた社台ファームではその素質の高さが注目されていた。「兄よりもふた回り大きい500キロ超えの馬体で、力強さという面では兄以上でしょう。品があって、ゆったりとしている。大物感にあふれています」と育成担当者は絶賛していた。

 父がステイゴールドに代わったが、POGには向いている。「兄は5月21日生まれでも新潟でデビューしたように仕上がりの早い血統。この馬も5月7日生まれですが、早くデビューできそうです」と3月中に山元トレセンへ移動し、いつでも入厩できるほど乗り込まれている。

 ステイゴールドの母ゴールデンサッシュが出たのか、両親とは違う栗毛。毛色はオルフェーヴル、ナカヤマナイトと同じだが、雄大な馬体とゆったりとしたフォームはゴールドシップ似に見える。違うタイプで素質が高いという点では、ビワハヤヒデ・ナリタブライアンをほうふつとさせるものがある。

2014年05月02日