1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

ふるさと定期便

セレクトセール最高価格の2頭は順調&高評価

 爛札譽トセールの高額馬は走らない瓩箸いε垰堙狙發あるが無視すべきだ。一部の高額落札馬の注目度が高いため、あまり活躍していない印象を強くしているが、データを取ると高額馬の方が獲得賞金は多い。落札価格に応じた出資があるわけではないPOGでは、相馬のプロたちが高額まで競った馬を素直に信用してみるべきだろう。

 昨年のセレクトセールの1歳の最高価格馬は1億8000万円のアドマイヤロワ(牡、父ディープインパクト、母シーズオールエルティッシュ=栗東・橋田)。いかにもディープ産駒らしいシャープな馬体で、450キロと大きさも手ごろだ。全兄アドマイヤオウジャ(4歳)は1000万下の身だが、札幌開催でデビュー勝ちし、12月の万両賞で2連勝を決めた。全姉のエルノルテ(3歳)も6月の中京で新馬勝ちしたように、仕上がりの早い血統であることはPOGでは最大のセールスポイント。6月デビューを目指しており、指名して損はないだろう。

 12年のセレクトセール当歳の最高価格は2億5000万円のサトノシュプリーム(牡、父ディープインパクト、母スカイディーバ=栗東・池江)。母は米G汽侫螢璽奪硲咾鮠,繊■贈奪献絅戰淵ぅ襯侫リーズ3着の実績を誇る。11年が死産だったため、この馬が実質的には初子となる。それだけに未知数な部分はあるが、順調に調教は進んでおり、夏デビューが予定されている。490疎罎杷悗旅發ぢ侶舛亙豬呂強く出ているようにも見えるが、パワーが必要になった中山コースを考えると、皐月賞制覇にはこの重厚さがプラスになるかもしれない。

 この世代でセレクトセールで1億円以上の値をつけたは計13頭(1歳8頭、当歳5頭)いるが、トーセンスターダム級が少なくとも1頭はいるはずだ。

2014年05月09日