1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

ふるさと定期便

馬産地直送POG情報・ノーザンファーム牝馬編

 ◆タッチングスピーチ(牝、父ディープインパクト、母リッスン=栗東・石坂)最も話題になっているのがこの馬。名牝を続出させているノーザンファームの日下厩舎が「間違いなく走る」と自信を持って送り出すイチ押し。母は英G気両,素蓮G和僚鼎錬苅僑哀ロだが、500キロを超えているように見せるほどスケールの大きさがある。

 ◆パラダイスリッジ(牝、父ディープインパクト、母クロウキャニオン=栗東・池江)兄5頭がいずれもオープン入りし、うち全兄4頭は全て3歳重賞で2着以内。460キロで、まだ子どもっぽい体形をしているが、兄も同様でデビューまでには研ぎ澄まされていく。激しい争奪戦になっても指名すべき馬だ。

 ◆ディープジュエリー(牝、父ディープインパクト、母ジュエルオブザナイト=美浦・国枝)いかにもディープ産駒らしい均整の取れた馬体。小顔で運動神経の良さがにじみ出ている。5月生まれでゆっくりと仕上げられているが、ペースを上げればすぐにデビューできる。

 ◆レッドマジュール(牝、父ディープインパクト、母マンダララ=美浦・手塚)同じく5月生まれでデビューは秋以降だろうが、馬体、素軽さ、かん性の良さなど全てレベルが高い。ピカピカの馬体も見栄えがする。

 ◆トーセンビクトリー(牝、父キングカメハメハ、母トゥザヴィクトリー=栗東・角居)血統通りの好馬体。牝馬で兄よりはひと回り小柄だが、存在感がすごい。パワーにあふれ、ドバイWC2着の母のようなスケールの大きな馬に成長しそうだ。

 ◆カービングパス(牝、父ハービンジャー、母ハッピーパス=美浦・藤沢和)デビューが遅いイメージのある厩舎だが、この血統に関しては早い。兄コディーノと同様に札幌開催を目指しており、POGには最適。

2014年05月30日