1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

ふるさと定期便

馬産地直送POG情報・社台ファーム牝馬編

 ◆サトノシャルマン(牝、父ディープインパクト、母サクラサク供畄東・藤原英)2月7日の早生まれで完成度の高さが目を引く。480キロの馬体は欠点がなく、全姉エバーブロッサム級の活躍は間違いない。

 ◆レッドラミア(牝、父ディープインパクト、母マウントコブラ=栗東・藤原英)450キロのシャープな馬体で、父の産駒らしい切れ味を感じる。社台Fの牝馬ではトップクラスの仕上がり。夏デビューが可能。

 ◆ステラスターライト(牝、父ディープインパクト、母ノーブルステラ=美浦・堀)420キロと小柄。牝系特有の腰の甘さがない。育成スタッフも「文句なしに重賞級」と太鼓判。

 ◆コンテッサトゥーレ(牝、父ディープインパクト、母エアトゥーレ=栗東・安田)仕上がり早の血統。450キロ。筋肉量のあるスピードタイプで、夏の短距離戦からスタートできる。

 ◆ダイワミランダ(牝、父ハービンジャー、母ダイワスカーレット=美浦・国枝)490キロで母とそっくりのパワフルな馬体。育成時から休みなく乗り込まれている。今度こそ母の名にふさわしい大物が誕生。

 ◆コートシャルマン(牝、父ハーツクライ、母コートアウト=栗東・松永幹)異父姉レッドオーヴァルと馬体は似ていないが、しっかりと筋肉がついて力強さがある。夏デビュー予定だが、使いつつ強くなるタイプ。

 ◆ゴールデンレコード(牝、父ハーツクライ、母ギャビーズゴールデンギャル=栗東・庄野)母はエイコーンSの覇者。均整の取れた馬体は目を引く。中長距離戦を得意にしそうだ。

 ◆ヴェールデローザ(牝、父ネオユニヴァース、母オメガスピリット=美浦・斎藤)ヌーヴォレコルトの異父妹だが、姉が活躍する前から評判。420キロと小柄でも運動神経は抜群。

2014年06月06日