1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

ふるさと定期便

来年のPOGの目玉となる1歳セレクトセールの高額馬

 昨年のセレクトセールで1歳馬の最高価格1億8000万円(価格は全て税抜き)で取引されたアドマイヤロワ(牡、父ディープインパクト、母シーズオールエルティッシュ=栗東・橋田)が、13日の中京(芝1600m)でデビューした。7着とやや期待外れだったが、緩い馬場を気にしたようで、好馬体からも巻き返しは十分だろう。

 14、15日に開催された今年のセレクトセール。1歳馬の最高価格は2億6000万円のリッスン13(牡、父ディープインパクト)で、落札者はカタールの王族の代理人を務めるD・レッドヴァース氏。日本でデビューが予定されている。母は愛G機Ε侫リーズマイルの覇者。半姉アスコルティ(牝3歳、父デインヒルダンサー)は4戦2勝の素質馬で、全姉タッチングスピーチは今年のPOGの人気の中心だ。ディープ×サドラーズウェルズの配合に目立った活躍馬はいないが、世界の目に留まったディープ産駒は来年のPOGでも目が離せない。

 マジックストーム13(牡、父ディープインパクト)は「サトノ」の里見治氏が2億円で落札した。全姉ラキシス、全兄のサトノアラジンの活躍を見れば、価格にも納得がいく。ディープ×ストームキャットの相性の良さからも、POGでの狙いはこちらの方が上かもしれない。

 牝馬の最高価格はライラックスアンドレース13(牝、父ディープインパクト)の1億4500万円。坂東牧場が落札したように、将来の繁殖牝馬としての価値を評価したものと言える。母は父方の祖母がトーセンラーの母プリンセスオリビアで、母方の祖母がダイヤモンドビコーの母ステラマドリッド。日本、サンデー系と縁が深い血統で、近親にハーツクライやミッキーアイル。ディープとの配合が合わないはずがない。

2014年07月18日