1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

ふるさと定期便

データ的な裏付けもあるイスラボニータの弟ステイリッチ

 今年のPOG戦線は混とんとしている。まだ2歳戦を3か月残しているとはいえ、現時点ではデビュー前に狢臺瓩隼廚錣譴討い紳燭の馬が、やや不本意なデビューとなっている。先週末の時点で2歳リーディングサイアーのトップに立っているのは13勝を挙げているダイワメジャー。対して、POGで圧倒的な人気を誇っているディープインパクト産駒は8勝。オープン勝ちしている産駒がいないという状況にも、大物の出遅れが表れているのかもしれない。

 しかし、秋競馬も始まって、そろそろ期待馬の進撃が始まりそうな気配。以前にも取り上げたことがあるが、イスラボニータの異父弟ステイリッチ(父ステイゴールド、美浦・加藤征)は育成先の社台ファームではアッシュゴールドともに犧Gの牡馬の二枚看板瓩噺世錣譴討い燭曚鼻0蘋担当者は「仕上がりの早さでは兄の方が上だったが、大物感では決して見劣っていない」と胸を張っていた。

 父がフジキセキからステイゴールドに代わって、兄より多少の気難しさがあるのは確か。調教でも真剣に走っていないような印象を受ける。さらにステイゴールド産駒はもともと早い時期の2歳戦に強いタイプではなく、現時点で5勝で2歳リーディングサイアーでは13位。その面では不安材料はあるが、大型馬でアッシュゴールドのように馬体減に悩む心配はない。

 セントライト記念のイスラボニータは春以上のたくましさを見せて、いよいよ狡彊賣馬瓩良格がにじみ出てきた。繁殖牝馬にはピーク期があり、ビワハヤヒデ&ナリタブライアン、アグネスフライト&アグネスタキオンなどのように、兄弟は2年続けて活躍する例は極めて多い。ステイリッチをPOGで指名することは、データ的な見地からも間違いではないはずだ。

2014年09月26日