1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

ふるさと定期便

B級の地位から躍進する可能性を秘めるマルカシェンク

 今年の重賞を振り返ると、サンデーサイレンス系種牡馬の活躍が際立っているが、ディープインパクト、ハーツクライを除くと、傑出したアーニングインデックスの種牡馬はほとんどいない。同系種牡馬の全体的なレベルが高く、現役時代の成績からは爛泪ぅ福辞甅爍袖薛瓩噺討个譴觴鏖看呂癲繁殖能力には大差がないことがうかがえる。

 24日の京都でダート1800mの初戦を圧勝したマルカウォーレン(牡=栗東・今野)は新種牡馬マルカシェンクの産駒。リバークルーズ(牝=美浦・和田郎)に続き、JRAでは2頭目の勝ち馬となった。新種牡馬でサンデーサイレンスの直子は1頭だけ。同系もアドマイヤオーラ、カネヒキリ、キンシャサノキセキなど4頭と多くない。

 マルカシェンクは現役時代、デビューからデイリー杯2歳Sなど3連勝したが、その後の重賞勝ちは関屋記念のみ。馬産地にあふれ返るサンデーサイレンス系種牡馬のなかで、実績面では下位にランクされる。産駒も多くはなく、初年度の血統登録馬は19頭。2年目以降の種付けは11、6頭と減少している。

 だが、活躍馬が出れば一気に地位を挽回できるのが今の種牡馬界。雄大な馬体のマルカウォーレンのパワフルな走りはダート界で台頭が期待できる。大柄な産駒が多いのはマルカシェンクの魅力。ゴールドアリュールに独占されていた爛汽鵐如璽汽ぅ譽鵐昂呂離澄璽伴鏖看廊瓩箸靴毒笋蟒个好船礇鵐垢澄

 今後、デビューする馬ではトーチカ(牝=美浦・加藤和)にも注目したい。母もダートで2勝(芝1勝)しており、マイル前後でパワーを発揮しそう。ともに父と同じ社台ファームの生産馬。スクリーンヒーローのように、社台ファームがさらに配合に力を入れれば種牡馬マルカシェンクの未来は明るくなる。

2014年11月28日