1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

ふるさと定期便

牧場での高い評価通りに成長したコートシャルマン

 阪神JFと朝日杯FSはクラシックへの登竜門であると同時に、POGに関しては極めてゴールに近い存在。指名馬のクラシック制覇は運にもかなり左右されるが、2歳馬の頂点に立つ馬を探すのはデビュー前の綿密な取材で可能になる場合が多い。私も含め、POG関係者はこの2レースを目標に指名馬探しを行っているケースが多い。

 今年の2歳戦は重賞で1番人気馬が全敗していることが示しているように犢チ悩爿瓩噺世錣譴討い臣輒槐呂苦戦を強いられている。そのなかで、コートシャルマンは期待通りにデビューから連勝し、この阪神JFへと駒を進めてきてくれた。

 コートシャルマンを社台ファームで取材したのは4月。牝馬育成主任の斉藤孝さんが「牝馬ベスト3」の一頭として絶賛した(残る2頭はダイワミランダとサトノシャルマン)。「非の打ちどころがない。姉のレッドオーヴァルはやや線の細さを感じたが、ガッシリとした筋肉質でややタイプが違う。450キロ程度に成長する。ハーツクライ産駒でもかなりのスピードがある」と絶賛していた。

 前走のりんどう賞は14キロ増の448キロだったが、休み明けの太めではなく、前記のコメントから成長だったこともうかがえる。姉は体重の維持に苦労して桜花賞2着、オークスでは17着だったが、カイ食いのいいコートシャルマンにはその心配も少ない。1週前追い切りも圧巻の内容だった。また「変な癖が全くなくて、指示通りに一生懸命に走るタイプ」とも話しており、テン乗りにも不安がない。

 昨年の覇者レッドリヴェールも斉藤主任が「めちゃくちゃ仕上がりが早い。2歳戦で相当に稼げる」とデビュー前に予言していた通りの結果だった。わたしの指名馬でもあり、2歳女王戴冠を大いに期待したい。

2014年12月12日