1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

ふるさと定期便

2歳戦に関しては過大評価気味のディープインパクト

 阪神JF、朝日杯FSの2歳G気呂箸發縫妊ープインパクトの産駒が勝利を収め、阪神の外回りでの圧倒的な強さが証明された。おまけに中山大障害まで制し、2歳、総合ともにリーディングサイアーを独走で確定。その偉大さが改めてクローズアップされているが、POGに関しては逆の見方もできる。

 阪神JFは出走18頭全てが違う種牡馬の産駒だった。朝日杯FSは18頭中、ネオユニヴァース産駒だけが2頭。たった1頭だけの産駒で連勝したディープインパクトは確かにすごいが、裏を返せば2歳チャンピオンを決定するレースに1頭ずつしか送り込めなかったとも言える。

 2歳G気砲海譴世餌深鐶榛未兵鏖看呂了唆陲出走しているということは、少なくとも2歳戦に限れば種牡馬の能力差がそれほど大きくないことを示しているのではないだろうか。いわゆる爛泪ぅ福辞瓩噺世錣譴討い觴鏖看呂癲∩澗里離譽戰襪高まっていることがうかがえる。

 2歳世代のディープインパクト産駒は151頭が生産され、147頭が血統登録された。先週までに地方の1頭を含めて、87頭がデビューしている。59%のデビュー率はほかの種牡馬と大きな差はなく、勝馬率35%はリーディング上位組では高いが、現時点で2勝以上を挙げているのは両2歳G気両,素呂鮟けば、ティルナノーグ、ポルトドートウィユしかいない。

 POGでは大争奪戦となっているディープインパクト産駒。年末ジャンボ宝くじで長蛇の列ができるのは狹たり瓩含まれている可能性が高い大量販売する売店であることと似ている気がする。地方の小さな売店でも的中率には変わりはなく、あまりディープインパクトの産駒ばかりにこだわるのは得策ではないのかもしれない。2015年のPOG戦略に生かしたい。

2014年12月26日