1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

先週の猛爆記者

小倉大賞典は条件がそろったあの馬が反撃

 予想の締め切りは枠順発表前の前日。当日朝の変更は不可。予想ベタを棚に上げ、外枠と分かっていたなら本命にしなかったのにというのが決まり文句だが、小倉大賞典は枠順発表後の予想。いつもより精度は上だ。

 3枠θ屬箸い絶好枠を引いた◎ハピネスダンサー。折り合い難が解消、切れ味に磨きがかかって充実一途の出来だが、愛知杯は直線で行き場をなくして馬なりのゴールイン。全く競馬をしていない。完全に勝負圏外から消えたのなら、次走のために無駄なことはせず体力温存。そんな配慮すら見えたレースぶりで、それは今回に必ず生きてくるはず。絶好枠と軽ハンデを存分に生かして好勝負。

 先週日曜の京都芝は不良→重馬場。メーンのG教都記念は過去20年で一番遅いタイムでの決着となった。今週も土曜が朝から雨予報。道悪競馬は避けられそうにないが、むしろ、道悪を歓迎する馬もいる。

 土曜の勝負は京都9R。今週も土曜が朝から雨予報。道悪競馬は避けられそうにないが、むしろ、道悪を歓迎する馬もいる。◎エイシンエルヴィン。稍重発表でも、かなり力のいる馬場だった500万戦が7馬身差の圧勝劇。続く1000万戦でも重馬場の中、好位から力強く差し切って道悪巧者ぶりを発揮した。その2戦とも騎乗していたM・デムーロ騎手は3戦ぶりの手綱になるが、雨予報にタイミングを合わせるかのように乗ってくるあたりはやはり犹っている畸砲澄

(栗東厩舎班・安里真一)

2016年02月19日