1. TOP
  2. 馬三郎タイムズ
  3. コラム

重賞特集&次情報はお任せ!
馬三郎タイムズと合わせて使えば威力倍増!
今なら14日間無料で使える!→詳しくはコチラ

コラム

プロも愛用する競馬予想ソフト「競馬新聞 デイリー馬三郎」が今なら14日間無料でお試し頂けます!

無料トライアルに申し込む(購入手続きは不要です)/詳しく見る

先週の猛爆記者

気持ちも新たに新潟で爆発

 福島は小回り特有の駆け引きがあり、レース自体は見ていて面白いのですが、力関係や展開が正直読みづらく、予想は散々の結果でした。今週から新潟開催に変わるので、気持ちを切り替えて頑張りたい。
 
 新潟は日本で直線競馬が行われている唯一の競馬場。初日のお奨めはその直線競馬、新潟土曜11Rのスマートエビデンスだ。過去3勝のうち2勝を5F戦で挙げている典型的なスプリンター。そのなかでも当舞台でVを決めた3走前が圧巻の内容だった。スタートダッシュを決めてマイペースに持ち込むと、最後までその勢いを持続したまま2着に5馬身差をつけての勝利。走破時計の54秒8も優秀で、直線競馬への適性の高さを存分に見せつけた。前走後はリフレッシュ放牧を挟み、ここへ向けて抜かりのない仕上げ。「このレースがG気らいのつもりで仕上げてきた」と浅見助手も並々ならぬ意気込みだ。先週の福島中央テレビ杯に続き今週も浅見厩舎、北村友Jのコンビが決める。

 日曜日のお奨めは新潟9Rのメジャーフォルム。2番人気に支持された前走の中京戦で最下位15着に惨敗したが、その敗因について大江原師は「砂をまともにかぶり、道中はずっと外へ逃げていて、全く力を出し切っていない」と分析。結果的に内めのH嶇箸鳩磴靴のれが災いして、自分の競馬ができなかった格好だ。それを踏まえて今回はブリンカーを着用して挑む。500万下(3歳限定戦を含む)2着3回の実力馬で、まともに走れば巻き返す力は十分に持っている。今週の追い切りは美浦Wで軽快な動きを披露し、出来落ちは皆無。人気が落ちる今回が狙い目だ。

(栗東厩舎班・塩手智彦)

2016年04月29日